引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引っ越しの見積もりで金額が高くなるとき安くなるとき

引っ越しの見積もりで金額が高くなるとき安くなるとき

 

引っ越しの見積もりを取るときに、
思った以上に高くなったり、まあまあの金額になったりすることがあります。
さらに、金額が安くなるからと複数の引越し業者に見積もりを依頼したけど、
見積もりの連絡すらしてこないケースだってあります。
見積もり金額が高くなるときというのはいくつかケースがあります。

 

 

他に引越し業者の見積もりを受けていないことが分かっている場合

引っ越しの見積もりでその金額を安くする秘訣の最大のポイントは、
複数の引越し業者から見積もりを取ることです。
これは引っ越し業界の常識になっているのですが、
競合がいるときにはとにかく契約を取りに行くために
価格を安くしていきます。
もちろん限界がありますが、複数を比較することで、
必然的に価格比較が出来るので金額の目安も見えてきます。
ところが一社だと別に安くする必要がないので、
適当なラインで割引をして「今、即決して貰ったらこれでOKです!」
みたいな感じでいかにも安くしてます感を出します。
でも、大抵は複数で見積もりを取った方が安くなります。

 

繁忙期は引っ越しのキャパの問題で返信すらしない、あるいは断る、あるいは高くする

引っ越しの繁忙期は3月中旬から4月上旬が一番ですし、
この時期はどこの業者も最大限忙しいです。
特に3月の最終週、4月の最初の週はめちゃめちゃです。
引っ越しがない日はありませんし、1日に何件もの引っ越しが重なっている上に、
それが毎日続きます。
大手の引越し業者の場合、営業マンと作業スタッフは違いますが、
スケジュールの状況が分かっているため実質問題として受けきれないところが出てきます。
このため最初から見積もりを受けない(返事をしない)というケースも出てきます。
断られる場合もあれば、一括見積もりなどでは最初から返信なしです。
または、無理くりなら入れられそうという場合は、とにかく価格が高くなります。
これはぼったくりでは無く、繁忙期には割増料金が認められているため
通常期の2.5倍ぐらいの料金になります。

 

 

言葉は変ですが、引っ越し業者側が強く出る事が出来る状況は、
やっぱり強いのです。
こちら側は引っ越しをしないわけには行かない、
特に期日が決められている場合は尚更ですので、
自分が引っ越しをしようとしている時期がどういう時期にあるのか、
自分がどういう見積もりの取り方をしているのかについて、
知っておかないとかなりきつい結果になります。

 

 

逆に引っ越しの見積もりが安くなるときというのは、
要するに引っ越しが少ないときです。
一番分かりやすいのは4月中旬。
めちゃめちゃな繁忙期を乗り越えて急激に引っ越しが少なくなります。
後はっきりしているのは、1月2月です。
引っ越しがないわけでは無いけど、
人が動く時期では無いので引越し業者としては依頼がある方がうれしいわけです。

 

 

引っ越しの見積もりを取るときに、
時期などはかなり重要ってことになります。
ただ、基本的に見積もりを取る前に大事な事があります。

見積もりを安く出来るような準備をしているかが大事

引っ越しの見積もりで金額が高くなるとき安くなるとき

 

引っ越しの費用は少しでも安くしたい!ってことで、
複数の引越し業者から見積もりをとることは多いです。
また、引っ越し繁忙期ならとにかく引っ越しを受けて貰うためにも、
複数の引越し業者から見積もりをとらないと話にならないこともあります。

 

 

ただ、どのケースであったとしても大事になるのは、
見積もりを取る前に、安くなる工夫が必要と言うことです。
引っ越しの見積もり料金は
荷物の量+距離+時期
で決まります。

 

 

引っ越しの見積もりを取るときに多少変更が出来るとすれば、
荷物の量と時期です。
距離は変えようがありませんから。

 

 

一番は大型の家電や家具に見切りをつけてざっくり減らしてしまうことです。
見積もりを取るときはあれこれ持って行こうとしますが、
見積もり金額を見た時に決断出来る事も多いです。
多少の違いならトラックに影響を受けるので関係ありませんが、
特に大型のものが無くなるだけでトラックが小さくなりますので、
金額も安くなりやすいです。

 

 

また、日付もポイントになります。
ありがちなのが土日祝日の引っ越しですが、
これが一番高いです。
これは繁忙期・閑散期関係無く、
曜日でいうなら一番高い曜日です。

 

 

理由は誰もが望むから。
引っ越しの料金は需要と供給で成り立っているので、
需要が多いほど高くなるのはしょうが無いです。
だからこそ、敢えて平日を選ぶという方法です。
これだけでも見積もりを安くするという選択肢にはなります。
さらにいえば、「一番安くなるように業者さんにおまかせ!」という
パターンならこちら側が出来る最強の提案と言えます。

 

 

引越し業者にとって予定を立てやすいお客さんは
ありがたいお客さんです。
そのため、うまく予定を調整出来れば、それでさらに見積もりを下げることが出来ます。

 

 

最低限ここまでやって漸く「複数の引越し業者に見積もり依頼」が出てきます。
自分で出来ることをやった上で次のステップです。

複数の引越し業者から見積もりをとるなら、個別に連絡をするか、無料一括見積もりを利用する

引っ越しの見積もりで金額が高くなるとき安くなるとき

 

引っ越しの見積もりを取るとき、
多くは一社だけしか見積もりを取らないことが多いです。
これは「そういうもんだ」という考えが根強いのと、
面倒だっていうのがあるためです。

 

 

ただ、何度か引っ越しをするようになると、
あるいは最初の見積もりが思った以上に高かった場合、
他の業者はどうなんだろうっていうことで複数の引越し業者から見積もりを
取ろうとする動きが出てきます。

 

 

この時に困るのが「どこの業者が良いだろうかってことです。
大手の引越し業者が良いと思うけど、
そもそもその大手の引越し業者ですらたくさんあって選択が出来ないです。

 

 

それでも、思いついた引越し業者に個別に連絡を入れて見積もりを依頼するという
選択肢もあります。
ただ、必要とは言え、いちいち申し込むのが不安というケースもあります。
そういう人に使われるのが「無料一括見積もりサイト」です。
調べればいくらでも出てきますが、
有名どころではこんなところがあります↓

 

引越し達人セレクト

ここは引越しの見積もり後の成約で独自に割引やお祝い金などの特典をつけている面白いところです。

 

 

ズバット引越し比較

こちらはこの業界最多クラスの提携引っ越し業者数でとことん幅広く見積もりを取ることが出来ます。

 

 

こういう一括見積もりサイトは大手引越し業者、
そして、中小地元の引越し業者も含めて、
まとめて見積もり依頼を出すことが出来るため、
便利と言えば便利です。

 

 

ただ一つネックがあります。
それは申込窓口は一つなのですが、
各業者とやりとりをするのが多くなる点です。
一括見積もりサイトはたくさんあるのですが、
この点が大きなデメリットだという人も多いです。

 

 

結局、必要度によるのだと思いますが、
とにかく安いところを見つけたい、
あるいは引越しを受けてくれるところを探したい、
という感じで目的が明確な場合は耐えられますが、
そうでない場合はたくさんの業者から連絡が来ること自体が
ストレスになってしまいます。

 

 

そういった不満というか欠点を補うために、
最近、新しいサービスを提供してくる会社が出てきました。
それがこちら↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

面倒な部分はサポートセンターが代わりにやりますね、というスタンス

引っ越しの見積もりで金額が高くなるとき安くなるとき

 

一括見積もりというのは引越しをする人にとってメリットが大きい反面、
ストレスも大きいためせっかくの利便性が台無しになっていることが多いです。
そういう状況を少しでも改善すればもっとスムーズに成約に繋がるのでは無いか、
ということで生まれてきたのが、このサポートセンターです。

 

 

ここの仕組みは分かりやすくて、
申込時に必要なのは連絡先と希望連絡日時程度です。
引越しに必要な荷物の状況や希望などはこの段階では一切入力しなくて良いです。
その後、サポートセンターから連絡が来て、
必要な事や希望をヒアリングしてくれます。

 

 

面白いのはここから先で、
集めた情報をサポートセンターが引越し業者とやりとりしてくれる点です。
通常はここを個人がやるのですが、
それは大変ですよねってことと、
言ってみれば引越し業者にとっても素人と話をするより、
プロと話をした方が早いよねって事で代わりにやってくれます。

 

 

ここ10年ほどである程度成熟してきた一括見積もりサイトの
問題点と長所を活かすために生まれてきた新しいサービスと言えます。
もちろん、ここも無料一括見積もりをしているので、
引っ越しの料金を比較することが出来、しかも、
キャンセルも管理画面から出来るというお手軽さです。

 

 

ストレスがいや、手間を掛けたくないという人にはぴったりです。
引越しをしなきゃっていう人に使いやすいサイトと言えます。
詳細はこちらから↓